二重で目元ぱっちり【印象を変えるための取り組み】

くっきり瞳がつくれる施術

顔を触る人

理想的な瞳を手に入れよう

日本人の目は一重や奥部二重の人が多く、外国人の様なはっきりとした瞳に憧れを抱く人も多いのではないでしょうか。そこで簡単に二重ラインをつくることが出来る美容整形が大変人気になっています。施術の方法としてはメスを使用するものとメスを使用しないものの二つに大きく分けられます。メスを使用しない施術としては針と糸を使用した埋没法があるでしょう。瞼の裏側から糸で数ヵ所留めることでぱっちりとした二重ラインをつくることが出来ます。埋没法はメスを使用しない為、切開する方法よりも腫れが少なくダウンタイムの時間を短くすることが出来るでしょう。ぱっちり二重をつくりたいけど切開する施術には抵抗があるという方に大変おすすめです。メスを使用する方法では全切開と部分切開があり、全切開は希望するラインに沿ってメスで切開し縫い合わせる方法です。余分な脂肪を取り除いたり内部処理をしたりしながら施術が行われます。その為、瞼に厚みがある方や埋没法ではすぐに取れてしまう方におすすめの施術です。部分切開は数ヵ所切開をして理想のラインをつくる方法です。全切開程切開の範囲が広くないのでその分ダウンタイムの期間を少し少なくすることが出来るでしょう。全切開は少し不安があるけれど埋没法よりも取れにくい施術を受けたいという方におすすめです。内部処理もするので脂肪もしっかり取り除くことが出来ますし、切開の幅も5ミり程度なので傷跡も目立ちにくくなっています。この様に施術の方法は様々あるので、ぜひ自分にあった施術を見つけましょう。
そんな二重整形ですが、施術を受ける際はいくつか注意しなければいけないことがあります。まず人によって瞼の状態が異なるので、きちんとカウンセリングを受けて相談することが大切です。瞼に厚みがあるのに埋没法を選んでしまうと、瞬きをしている内に糸が緩んできてしまいせっかくの二重ラインが取れてしまう場合もあるでしょう。その為、カウンセリングの際にきちんとドクターに瞼の状態を見せながらより自分の理想の瞳に近づく様にじっくり相談をしましょう。また、ドクターによって得意とする施術が異なります。クリニックではどんな施術を売りにしているのかなどチェックしながら、ドクターの質を見抜くことが大切です。やはりドクターによってその技術力が異なります。どの程度施術をしているのか、どの様な経歴のドクターなのかなど事前に情報を収集することも大切です。また、特に切開をする際は瞼が腫れるなどの症状が出てしまう場合もあります。その場合、仕事などを休まなければいけないことになるかもしれないので、どの程度ダウンタイムを取ることが出来るのかもしっかり考えましょう。仕事が忙しい時期などに施術をすると、ダウンタイムに掛ける時間が取れなかったり休むことで周りの人に迷惑が掛ってしまったりする場合もあるので、施術を受けるタイミングもしっかり考えることが大切です。施術を受けることでコンプレックスだった目の大きさを、理想の大きさに変えることが出来、さらに魅力をアップさせることが出来るかもしれません。また、理想の目に近付けることで自分に自信を持つことが出来、プラス思考になることが出来るのではないでしょうか。ぜひそんな二重をつくり、素敵に変身しましょう。

Back to Top