保険に関する処理

天秤

自動車やバイクで事故を起こした場合、あるいは事故に遭った場合には、損害賠償の問題が生じます。
加害者の場合には賠償責任が生じますし、被害者の場合には賠償を請求する立場になります。
双方に過失があれば過失割合に応じて賠償をすることになります。
法律上の賠償責任ですので、弁護士に相談すると安心です。
交通事故には多くの判例がありますので、事実に関して加害者と被害者との間で認識が一致すれば、賠償の問題は早期に解決することが多いです。
ただし、事故は一瞬のことですので、事実に関して双方の言い分が異なることも珍しくありません。
双方が自己の正当性を主張して相手に過失があると言い張って譲らないようなケースもあります。

自賠責保険は強制加入ですが人身の場合にのみ一定の上限金額で保険金が支払われます。
その他の場合には任意の自動車保険に加入していなければ保険金は支払われません。
任意の自動車保険には専門サービスとして示談代行サービスが付帯している場合があります。
自動車事故の相手との間で示談を代行してくれますので便利です。
弁護士のような法律の専門家ではないものの、多くの事故に対応していますので、その経験則によって示談交渉をしてくれるのです。
重要なことは、当事者が勝手に相手との間で示談をしないことであって、弁護士に相談するか、あるいは損害保険会社の示談代行サービスを利用するか、そのいずれかにすることが重要であると言えます。